【受動態の使い方】日常会話でいつ使う?を例文でマスターしよう!

受動態の使い方 例文 教育(英語)

~する」という文章を「~される」という受け身の形にすることが、

受動態の学習ですね。

 

でも、

日常会話では、

~が~した」という文章がほとんどです。

 

「じゃあいったいどんな時に受動態を使うんだろう?」

と気になりませんか?

 

今回はそんな疑問を解決して、

自然な場面受動態使えるようになることを目指しましょう!

 

中学生の為のブログ第55回目は

受動態の使い方!

でスタートです。

 

<br>

Let’s get started!

【受動態の使い方】時制~進行形・完了形までの受動態を例文で解説!

受動態の使い方

 

私は朝ご飯を食べました。

I ate breakfast.

eat-ate : 食べる-食べた

 

<br>

彼は昨日、英語を勉強しました。

He studied English yesterday.

これらの文章は「~が~する」という能動態です。

 

これらを受動態ににするとこうなります。

朝ご飯は私によって食べられました。

Breakfast was eaten by me.

eat- ate-eaten

 

英語は彼によって勉強されました。

English was studied by him.

ちょっと回りくどくて聞き手は混乱しますね。

 

 

ではなぜ、受動態にするのか?

どんな時に使うのかを見ていきましょう!

 

なぜ受動態にするの?理由

なぜ受動態にするのか?

1. 直接「誰が~した」を言い辛い、言いたくない時

ex:

明日の部活10時からだぞ!

了解!

本当は9時に集合でした。

 

次の日

何で遅刻した!

その場にその友達がいたら、なかなか名指しで言えないですね。

そんな時に受動態が役立ちます。

 

部活は10時スタートって言われました。

I was told (that) the club activities would start at 10 o’clock.

tell-told-told

 友達がその後先生に怒られるかはその後の会話次第ですが、、

 

情報を受けた自分を主語にすることで、

「誰が」を言わなくてもよくなりますね。

 

2.「誰が~したか」を知らない時、重要でない時

ex:

僕の家は2001年に建てられました。

My house was built in 2001.

build-built-built

※「誰が」建てたかは重要ではない、または知らないので受動態にします。

 

3. 「されたことの方が重要」な情報の時

ex:

昨日の夜、僕の自転車が盗まれました。

My bike was stolen last night.

steal-stole-stolen

※自分の自転車が盗まれことが重要。

 

自転車を盗まれたら一大事だよね。

 

受動態で使われやすい例文は、

また後ほど

次は文法ルールだよ!

 

受動態の文法ルール

次は、受動態のルールを振り返ってみましょう!

能動態 ex:

サラがその絵を描きました。

Sarah painted the picture.

paint-painted: 描く- 描いた

※サラが動作を行った主語です。

 

受動態 ex:

その絵はサラによって描かれました。

The picture was painted by Sarah.

paint-painted-painted

 

  • 1.目的語の the picture主語になり、「~される」という受動態を作る
  • 2.過去の文章なので、be動詞をwasにする
  • 3.「~される」と言う意味を持つ過去分詞 [painted] を was に続ける

受動態の基本の形は、

主語be動詞過去分詞です。

by..は必要に応じて足して下さいね。

 

by..は絶対に必要ってわけじゃないんだね。

過去分詞とは?

過去分詞とは動詞の変化の3番目の単語の事を言います。

  • eat – ate – eaten
  • study – studied – studied
  • tell – told – told
  • build – built – built
  • steal – stole – stolen

などがそうです。

 

受動態」と「完了形」で使われます。

  • 受動態:「~される」という意味
  • 完了形:「し終える」という意味

 

受動態なので、「~される」という意味になります!

 

分詞を詳しく知りたい方はこちら↓

 【分詞って何?】をすっきりさせよう!現在分詞、 過去分詞の存在は?

 

受動態につかわれているbe動詞は?

受動態に使われているbe動詞は「第一助動詞」と呼ばれる

助動詞です。

主な役割は時制を表すことです。

 

ちょっと前のレッスンで習ったね。

気になる方は下のリンクから、確認してね。

 

え? be/do/have って助動詞なの?「第一助動詞」を解説します

 

時制の違う受動態を見ていくよ!

 

 

受動態の時制と例文

基本の文の受動態be動詞過去分詞

<span class="bold">過去形</span>の<br>受動態
過去形
受動態

このカバンはフランスで作られました。

This bag was made in France.

make-made-made

基本的に受動態は過去形で使われます。

この文章をbe動詞時制に合わせて変化させてみよう!

 

<span class="bold">現在形</span>の<br>受動態
現在形
受動態

このカバンはフランスで作られる。

This bag is made in France.

 

<span class="bold">未来形</span>の<br>受動態
未来形
受動態

このカバンはフランスで作られるでしょう。

This bag will be made in France.

 

未来<span class="bold">be going</span> <span class="bold">to..</span>を使った<br>受動態
未来be going to..を使った
受動態

このカバンはフランスで作られることになっています。

This bag is going to be made in France.

 

 

be動詞時制に合わせて変化するんだね。

 

過去分詞の made は「作られる」で時制が変化してもmadeのままだよ!

 

進行形の受動態be動詞being過去分詞

<span class="bold">現在進行形</span><br>の受動態
現在進行形
の受動態

このカバンはフランスで作られています。

This bag is being made in France.

 

<span class="bold">過去進行形</span><br>の受動態
過去進行形
の受動態

このカバンはフランスで作られていました。

This bag was being made in France.

 

 

未来進行形
未来進行形

未来進行形は受動態ではあまり使われません!

 

進行形は、be being done.

って覚えちゃうといいね!

 

より詳しくはこちら↓

進行形の受動態を使ってみよう!【be動詞+being+過去分詞】

 

 

完了形の受動態 : have been過去分詞

<span class="bold">現在完了形</span><br>の受動態
現在完了形
の受動態

このカバンはフランスで作られました。

This bag has been made in France.

 

<span class="bold">過去完了形</span><br>の受動態
過去完了形
の受動態

このカバンはフランスで作られていました。

This bag had been made in France.

 

<span class="bold">未来完了形</span>の受動態
未来完了形の受動態

このカバンはフランスで作られているでしょう。

This bag will have been made in France.

 

完了形も、基本の形が [have been done] で、

主語時制に合わせて変化させるんだね。

完了形の進行形は受動態にしないよ!

ナチュラルではないので、使おうとしなくていいですよ!

 

受動態が使われる場面の例文

受動態が使われる場面をもう少し確認してみましょう!

 

ex:1「誰が~する、した」などの直接的な言い方を避ける

<span class="bold">否定文</span>
否定文

彼のパーティーに招待されてないんだ。

I’m not invited to his party.

He を主語にして「彼が招待していない」というと彼を非難しているように聞こえますね。

 

<span class="bold">助動詞</span>
助動詞

宿題は月曜日までに提出されるべきだよ。

The homework should be submitted by Monday.

Youを主語にして「あなたは宿題を提出すべき」よりも控えめになる。

 

ex:2 誰が~したか知らない、重要じゃない

<span class="bold">未来形</span>
未来形

その本は明日までに送られてくるでしょう。

The book will be sent by tomorrow.

 

<span class="bold">現在進行形</span>
現在進行形

新しいレストランが家の近くに建てられています。

A new restaurant is being built near my house.

 

ex:3 「されたこと」の方が重要

<span class="bold">過去形</span>
過去形

僕のスマホが昨日壊れました。

My smartphone was broken yesterday.

※スマホはダメージを受けている側なので受動態

 

<span class="bold">現在完了形</span>
現在完了形

テレビは修理されました。

The TV has been repaired.

 

目的語のない文章は受動態にできない

目的語のない文章は受動態にならないよ!

どういうこと?

他動詞は目的語を取る動詞だけど、

自動詞は目的語を取らない動詞。

目的語がないと、受動態の主語がないからね。

 

ex:

学校に遅れて到着しました。

I arrived late for school.

arrive:到着するという自動詞、目的語を取りません。

目的語がないから「受動態になれる主語」がないんだね。

 

get +過去分詞

be動詞過去分詞では、

getを代わりに使うことが出来ます。

get~になるとその時ある状態からの変化を表します

 

その車は台風で損傷しました。

The car was damaged by the typhoon.

※過去に損傷されている状態。

 車は被害を受けているので受動態

 

その車は台風で損傷を受けた。

The car got damaged by the typhoon.

※過去に台風によって損傷を受けたということ。

 

ネイティヴはget..をよく使いますよ。

getは変化と覚えておいてくださいね。

 

感情の表現は受動態

感情の表現」は受動態になっていることがありますね。

なぜなのか理由は以下の理由です。

 

ex: 感情表現

その本は 興奮させる 私を

The book excites me.

excite:「興奮させる」という意味を持つ

 

meを主語 I にすると

I am excited by the book.

私は 状態です 興奮させられた その本によって

という受動態になります。

 

感情の受動態を詳しく知りたい方はこちら↓

感情の形容詞はなぜ受動態?形容詞ing / 形容詞edの正体は?

 

受動態の使い方【まとめ】

能動態
能動態

サラがその絵を描きました。

Sarah painted the picture.

受動態
受動態

その絵はサラによって描かれました。

The picture was painted by Sarah.

  • 動作を受ける側を主語にする。
  • 受動態の形は、主語be動詞過去分詞
  • byは必要に応じて
  • beは「主語、時制」に合わせて変化する
  • 目的語のない文章は受動態にできない

 

どんな時に使う?

  • 1. 直接「誰が~した」を言い辛い、言いたくない時
  • 2.「誰が~したか」を知らない時、重要でない時
  • 3. 「されたことの方が重要」な情報の時

 

<span class="bold">否定文</span>
否定文

彼のパーティーに招待されてないんだ。

I’m not invited to his party.

<span class="bold">現在進行形</span>
現在進行形

新しいレストランが家の近くに建てられています。

A new restaurant is being built near my house.

<span class="bold">過去</span><span class="bold">形</span>
過去

僕のスマホが昨日壊れました。

My smartphone was broken yesterday.

どうだったでしょうか?

受動態の作り方だけではなくて、

使うことが出来るになれそうでしょうか?

何度も復習しに来てくださいね。

それではまた。

See you.

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました