教育(英語)

比較級 as の使い方【総まとめ】これだけは覚えよう!

比較級の as の使い方記事です。as +[ 形容詞 / 副詞 / many, much +名詞 ]+as を使った「同じくらい..」ような基本から、倍数詞 as .. as 「~の何倍」as .. as possible (you can)「できるだけ~」などを丁寧に解説しています。
教育(英語)

【比較級・音節】長い単語に more⁈「長いの基準は何?」を解説!

この記事は、形容詞・副詞の比較級を作るときのルールを解説しています。中学では、短い単語は-er, 長い単語はmoreをつけるのようにと習いますが、実際は、形容詞・副詞の単語の中にいくつの音節(母音の数)があるかで決まります。先ずは知ることから始めてみましょう。
教育(英語)

「どんな場所か?」を説明する関係詞は 【which? where?】

場所が先行詞であるとき「which なのか」「 where なのか」で悩んだことはないですか?この記事では中学生向けに分かりやすく、ネイティブの視点に近い感覚で理解出来るように説明をしています。
教育(英語)

コンマがある関係代名詞って⁈【,who ,which】を解説します!

この記事ではコンマ(,)のある関係代名詞にはどんな意味があって、どんな時に使えば良いのかを「中学生に分かるように」説明しています。英検3級のテストに英作文が加わり、評価は割合が高いため、書くことの重要性が以前よりも高くなっています。知っておいて欲しい内容です。
教育(英語)

【関係代名詞】中学英語で問われる傾向と対策を分かりやすく解説!

この記事では、関係代名詞の意味や、用法、主格、目的格など、基本を徹底解説しています。この知識を得ることによって関係代名詞が「どんな役割をしているのか」分かるようになるでしょう。中学英語をを教えていた経験から、中学生がつまずいている問題点と対策を記しています。
教育(英語)

英語の名詞・無冠詞になるのはどんな時?これだけは覚えよう!

名詞には必ず(a/an the)ような冠詞、またはmy your this,などの限定詞が付くと学習します。でも、名詞のみで使われている単語に出会って「なんでかな?」と思った事はないですか?この記事では冠詞の付かない名詞について「これだけは知っておいてほしい」点をまとめています。
教育(英語)

固有名詞は無冠詞、でも時々冠詞(a/an the)有り。

人、国、山などに付けられた名前を固有名詞といいます。固有名詞は人の名前を例に上げれば分かるように、冠詞(a/an the)をは伴わないとされています。この記事では固有名詞に冠詞が必要になる例を取り上げています。必要ない場合と比較しながら解説しています。
教育(英語)

英作文で困ったことはないですか?冠詞 “a” “the” の使い分け

冠詞 [a] [the] は名詞の前に付けて、その名詞をより分かりやすくする働きをしています。冠詞は日本語には無いので、感覚をつかむまでは難しく感じることでしょう。この記事では英語学習者の皆さんの最初のステップとしての冠詞の使い分けを解説しています。
教育(英語)

「時制の一致」とは?方法から例外までを会話文で解説します!

時制の一致とは英語のルールです。He said のように「主節が過去形」になると、その後に続く「節の動詞」をその時の時制に合わせる必要があります。間接話法にてよく使われます。この記事では「時制の一致」の基本と例外を会話形式の例文で説明しています。
教育(英語)

過去形と現在完了形のどっちを使う?違いって何?【比較解説】

この記事では過去形と現在完了形の違いを解説しています。過去形と現在完了形では、日本語訳が同じになる事があるため、「英語を話せるようになろう」と思う英語学習者は少なからず「違いは?」「使うべき状況はいつ?」のような疑問を持つことでしょう。 その疑問を解決します!
タイトルとURLをコピーしました