【比較級・音節】長い単語に more⁈「長いの基準は何?」を解説!

比較級 -er, more 音節 教育(英語)

子ども英会話講師をしていた時」の話です。

 

先生「長い単語には more を使う」って学校で習ったけど、

長いって「どこからが長いの?

 

そうだね、

6文字以上

長い単語」と考えてOKだよ!

 

famous, interesting, important,

などの6文字以上の単語は

moreを付けてね。

実際「長い単語の基準」は音節の数によります。(後ほど詳しく説明)

 

 

間違った例です

I am more pretty than my twin sister.

私は双子の妹より可愛いです。

pretty-prettier6文字ですが、正しくは prettier )

 

間違った例です

I am more strong than Sho.

僕は翔より強いです。

strong-stronger 6文字ですが、正しくはstoronger )

 

えっと、

皆ごめんね。

実際は「 単語の音節母音の数)」で決まるんだよね。

 

その後、

比較級が-er になるのか、more になるのかを、

「時間を割いて説明することになった」ということがありました。

たいてい「6文字以上 more 」で何とかなります、、)

 

 

なんで最初から

そうやって教えてくれないの?

このように言われて「反省」しました。

中学生だから、

「難しい説明は分からないだろうな」と思っていた自分を反省したのでした。

 

ということで、

中学生に届けます!

中学生の為の英語ブログ第76回目は、

「比較級、-er, more の判断基準」でスタートです。

 

Let’s get started!

 

【比較級・音節】長い単語に more⁈「長いの基準は何?」を解説!

音節って何?

 

例えば、

「重要な」という意味の

[ important ]

この単語は important

3つの音かたまりが合わさって1つの単語を作っているよ。

このかたまり音節です。

1つ」に 1つ母音

( a, e, i, o, u ) が入っているよ。

 

important

3音節の単語

辞書を引くとこのように表示されていますので確認してください

 

 

「有名な」という意味の

[ famous ]

この単語は famous

単語を見ると famousと3つの母音があるけど、

「発音した時の母音の」の数で分けられています。

 

fa・mous

2音節の単語

 

「背が高い」という意味の[ tall ]

この単語は tall1音節です。

 

以下に決まりを説明します!

 

  • 比較級-erを付ける単語は1音節の単語
  • 比較級 more を付ける単語は3音節以上の単語
  • 2音節の単語-er, moreケースがある

これらをふまえて比較級の作り方を見ていきましょう!

 

比較級には「形容詞比較級」と「副詞比較級」があります。

この違いもしっかり解説していきますよ!

 

 

比較級の作り方(形容詞)

先ずは形容詞から!

比較級の形は「形容詞の単語」に「いくつの音節があるか

によってきまります。

形容詞とは「どんな名詞なのか」を説明している語です。

ex: a tall boy. (tall・ 形容詞)(boy・名詞)背の高い男の子

 

1音節の形容詞 erを付ける

1音節形容詞er を付けるtall
small
young
old
smart
taller
smaller
younger
older
smarter

 

My sister is three years younger than me.

私の妹は私より3歳年下です(若いです)。

than:~よりも(前置詞)

younger than I.でもyounger than I am.am が省略されている)

この用法のthanは接続詞(文と文を繋ぐ役目)

 

 

bigbigger,

hothotter

子音短母音子音最後の文字を重ねるよ。

この2つの単語を覚えておけば大丈夫だよ!

高校生はthin-thinner, fat-fatterも

 

 

1音節の e で終わる形容詞 r を付ける

1音節e終わる
形容詞
r を付けるnice
large
wise
nicer
larger
wiser

 

Elephants are larger than lions.

象はライオンより大きい

 

 

2音節で y で終わる形容詞 y を i に変えて er を付ける

2音節
y終わる
形容詞
y i に変えて
er を付ける
pret・ty
tast・y
hap・py
prettier
tastier
happier
  • health・yhealthier / more healthy
  • friend・lyfriendlier / more friendly
  • lone・lylonelier / more lonely

これらはmore(less)で使われるケースもある。(両方OK)

 

どっち使えばいいのか分からなくなるね。

 

文法のルールでは2音節y終わる形容詞

ierが正解!

でも言語は時代とともに変わっていくものだよ。

 

more friendly のように使っていても

間違いではないんだ。

柔軟にね!

 

You look happier than usual.

いつもより幸せにそうに見えるよ。

 

 

最上級を作る時の音節の考えは同じだよ。

the形容詞est の形になるよ!

the happiest

 

 

ほとんどの2音節の形容詞は前に more (less) を付ける

ほとんどの
2音節
形容詞
形容詞

more
care・ful
hon・nest
self・ish
more careful
more honest
more selfish

-er, -ow, -le, で終わる形容詞は-er/moreどちらのケースもあります。

(narrow, clever, simple, etc..) 高校で習います。

 

You should be more careful.

あなたはもっと注意すべきです。

 

 

3音節以上の形容詞は前に more (less) を付ける

3音節以上形容詞

形容詞

more
dif・f i・cult
pop・u・lar
in・ter・est・ing
more difficult
more popular
more interesting

 

Which is more popular, tennis or basketball?

テニスとバスケットボール、どちらが人気ですか?

 

Basketball is.

バスケットボールです。

 

 

最上級を作る時の音節の考えは同じだよ。

themost形容詞 の形になるよ!

the most popular

 

次は副詞の比較級を確認してみましょう!

 

 

比較級の作り方(副詞)

先ずは「副詞の役割」を説明します!

副詞とは?

  • 副詞は「動作」や「様子」を説明する語いつどこどの様に、など。)
  • 動詞形容詞副詞を修飾

 

副詞の用法を確認してみましょう!

He runs fast.

彼は早く走ります。

fast副詞で「どの様に走る動詞)のか」を

説明しています。

 

 

He is really tall.

彼は本当に背が高いです。

really副詞tall(形容詞)を強調しています。

※reallyの比較級はない

 

I can see the mountain very clearly.

あの山をとてもはっきりと見ることができます。

very副詞crealy副詞)を強調しています。

※veryの比較級はない

 

 

 

point!

副詞比較級で使う時は、

動作がどうなのか」を説明することになるんだって。

だから、一般動詞を説明することが多いよ!

 

ex:

He runs faster than me.

彼は私より早く走ります。

副詞・faster(早く)は、run (一般動詞)を修飾

 

比較級の作り方は

形容詞同じです。

 

-ly で終わる副詞は前に more (less) を付ける

すごく大事

形容詞に –ly を付けると副詞になるのは知ってるよね。

[ slow・遅い(形容詞)slowly・ゆっくりと(副詞)]

ly終わる副詞more を付けるよ!

 

難しいな、覚えられないよ!

 

形容詞lyを付けて副詞にしたから、

それ以上、後ろに語を付けたくないんだ。

だから、more (less) を付けるよ!

 

語尾が –ly副詞副詞
moreを付ける
slowly
quickly
carefully
more slowly
more quickly
more carefully

 

Turtles walks more slowly than rabbits.

亀はうさぎよりゆっくり歩きます。

 

【例外】 early 形容詞・副詞⇒ earlier (earliest)
  • ear・ly(早い)形容詞
  • ear・ly(早く)副詞

 

副詞early -ly で終わりますが、

形容詞同様 earlierです。

【例外】なので覚えておいてください。

※副詞earlyはearという単語にlyを付けて副詞になった単語ではない。

 

 

比較級・不規則変化

不規則に変化する比較級形容詞だけではなく、

副詞もあります。

最上級も一緒に確認しておきましょう!

 

原級比較級最上級
good・良い(形容詞)
well・上手に(副詞)
betterbest
bad・悪い(形容詞)
badly・ひどく(副詞)
worseworst
many・多数の(形容詞)
much・とても(副詞)
moremost
little・少量の(形容詞)
little・少し(副詞)
lessleast
不規則変化(形容詞・副詞)

 

Lisa plays the piano well.

リサはピアノを上手に弾きます。

 

I play the piano better than my sister.

私は妹より上手にピアノを弾きます。

wellbetterbest

 

 

I feel good this morning.

今朝は気分がいいです。

 

I feel better than before.

さっきより調子がいいです。

goodbetterbest

 

副詞に慣れてね。

比較級の副詞は動作を説明しているよ!

(より上手に弾く)

 

比較級、長い単語の判断基準【まとめ】

形容詞比較級

  • 比較級-erを付ける単語は1音節の単語
  • 比較級 more を付ける単語は3音節以上の単語
  • 2音節の単語-er, moreケースがある

 

2音節、yで終わる形容詞はyi に変えて

erを付ける。

2音節は-er, .moreのどちらも正しいケースが多いです。

辞書を上手に活用しましょう!

 

比較級副詞

  • 形容詞比較級作り方と同じ
  • 語尾が-ly副詞は前に more を付ける
  • early(副詞)は例外earlier (earliest・最上級)

 

形容詞副詞 比較級不規則変化>

  • good-better-best
  • well-better- best
  • bad-worse-worst
  • badly-worse-worst
  • many-more-most
  • much-more-most
  • little-less-least

 

 

長い単語」とは音節の数が2音節(発話する時の母音の数)

以上という事でした。

知っていることって大事ですよね。

 

それではまた。

学校でたくさん話してくださいね。

 

See you.

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました