教育(英語)

いつ、どのように使う?【未来完了進行形】例文で解説します!

日常会話ではあまり使われない未来完了進行形ですが、一体何故でしょう?この記事では、未来完了進行形がいつ、どんな時にどんな意味で使われるのかを解説しています。時制はシンプルな方が好まれますが、正しく使えば、細かいニュアンスを表現する事が出来るでしょう。
教育(英語)

未来完了形とは?未来のある時に完了していること!例文で解説。

未来完了形とは未来のある時点で「完了している」と思われることを話す時に使います。by the time/ before, etc..(未来のある時点)までに終えているであろう動作や状態を表現します。「未来形・未来完了進行形」との違いも説明しています。
教育(英語)

過去完了進行形を使う練習をしてみよう!過去進行形との違いも解説。

過去進行形とは過去のある時点で続いていた動作を表す時に使います。この記事ではネイティブスピーカーが「どんな時」に過去完了進行形を使うのか「過去進行形との違いは何か」などを詳しく解説しています。過去完了進行の持つ特徴が理解できるので使えるようになるでしょう。
教育(英語)

「現在完了進行形はいつ使う?」現在完了形との違いも解説します!

「現在完了進行形っていつ使うの?」と思っていませんか?この記事では場面を想定した例文で使い方を解説しています。また「継続の意味を持つ動作動詞」+ for/since で「現在完了形」でも「現在完了進行形」の意味と同じになる理由を説明しています。
教育(英語)

未来進行形の使い方【5選】「~しているだろう・する事になっている」

未来進行形は「未来に~しているであろう」と思われる「動作」を表す時に使います。また、「~する事になっている」と「既に決まっている予定」に対して使われます。主語の意志とは関係ないのが特徴です。この記事では、未来進行形の使い方に加え、未来形との違いについても解説しています。
教育(英語)

過去完了形の使い方!ネイティヴの視点から例文で解説します。

「過去完了形」って難しく感じませんか?この記事では、文法から少し離れて「使うこと」を意識して解説しています。過去完了形とは「過去の過去」です。過去に起こった出来事の「順番」をはっきりと示す為に使われています。過去完了形とは?を理解してみませんか?
教育(英語)

英語で自己紹介【高校生編】自分の考えや思っていることを話そう!

「英語で自己紹介」をする時や「自分の考えや思い」を皆の前で話す時、「どんな事を話したらいいんだろう?」と悩んだことはないですか?そんな高校生のために「英語で自己紹介」の例文をたくさん記載しています。スピーチや大学受験、英語面接にも応用できる内容です。
教育(英語)

「~すべきだったなぁ。」を英語で何て言う?後悔を話してみよう!

「~すべきだった。」という「後悔」の気持ちを表現するには、should have done(過去分詞)を用います。この記事では、should have done(過去分詞)の形を使った例文をたくさん載せています。表現に慣れることでスムースに使うことが出来るでしょう。
教育(英語)

英語脳の作り方と鍛え方【大人編】おすすめの本を紹介します!

大人英語学習者が、最短で「英語を聴ける、話せる」ようになるには「英語を英語のまま理解する力がが必要」であるということを解説しています。その為に必要なトレーニングができる、笠原先生の2週間でネイティヴの脳&耳になる!という教材を紹介した記事です。
教育(英語)

【中学英語・時制の総まとめ】正しく使おう!6つの時制

この記事では、中学で習う6つの時制(現在形、過去形、未来形、現在進行形、過去進行形、現在完了形)の特徴や使い方を詳しく解説しています。英会話では、時制を間違えると言いたいことが正しく伝わりません。時制を制して会話力を上げていきましょう。
タイトルとURLをコピーしました